美容にも良い効果を期待できる香水!?ヒノキ香水におけるよくある疑問を解決します

ヒノキ香水は癒し効果があるけれども、美容にも効果があるといわれています。
ヒノキ香水は文字通り天然の檜から抽出した精油で、人工的に加工されたものもありますが本物を使うことでさまざまな効果を期待することができます。
ちなみに、ヒノキに含まれる成分が抗炎症の効能があり、日焼けやニキビ、肌の乾燥などに対して作用する、このようなことからヒノキ香水は美容にも最適な成分が含まれているわけです。
なお、日焼けやニキビは炎症を鎮静化させて痛みを和らげてくれるなどの効果もあるようです。

ヒノキ香水にはどのような効果がある?

ウッディ系の香りが気になる人におすすめのヒノキ香水は、甘すぎず、爽やかすぎず、落ち着いた香りが特徴です。
ヒノキ香水は、檜風呂や檜器など木の香りが魅力的な檜を原料にしているもので、日本人にもなじみがある安心感を与えてくれる香りといっても過言ではありません。
ちなみに、檜は日本や台湾に生息する針葉樹に分類される木で、木材は加工のしやすさや調湿・防虫効果などを持つことから、古くから神殿仏閣などの建材として使用されています。
強度も高く、長持ちする木材として扱われますが、数がそれほど多くあるわけではないなどからも高級木材に分類されます。
ヒノキ香水は、癒しの効果や気持ちを落ち着かせる鎮静作用などもありますし、寝具などに使うことでダニなどの防虫作用やリラックスからの安眠への期待もできます。
また、ヒノキ香水の香りは森林浴のリラックスやリフレッシュ作用がありますが、これはフィトンチッドと呼ぶ化学物質が精油の中に溶け込んでいるなどの理由があります。

ヒノキ香水の原料でもある檜の特徴を分かりやすく解説

スッキリとしたウッディ系の香りが人気を集めている、ヒノキ香水の原料となっている檜には一体どのような特徴があるのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
日本人にとって馴染みの深い常緑樹の一種である檜は、40メートルを超えるほどの高さになることも多い植物です。
建築材として使われることも多くありますが、一般的には高級とされています。
ヒノキ香水に用いられるほど香りが良いことでも知られていて、浴槽に使うとその香りを楽しみつつ入浴ができるとして人気です。
浴槽に使われる理由は香りの良さだけではなく、水分に強いことや防腐効果があり腐りにくいこともあります。
ヒノキ香水にもなる独特の香りには、テルペンと呼ばれる虫が嫌う成分を含んでいるのが特徴です。
これにより防虫効果が期待できるので、様々な用途に活用されています。
ダニの抑制にも役立つので、上手く活用することで住環境を快適にすることにも繋がります。

ヒノキ香水はウッディ系の香りが気になる人におすすめ

甘すぎない、爽やかすぎない、そして落ち着いた芳香が特徴のウッディ系の香りですが、その中でもヒノキ香水の原料でもある檜はおすすめの精油です。
檜は防虫・調湿などの効果もある木材で、神社仏閣などの建築物の木材として古くから使用され続けています。
長期間特有の芳香が続くのもこの木の特徴の一つで、檜を使った1000年以上経過しているお寺も、柱などを削ることで良い芳香が漂うとされます。
ウッディ系の中でもヒノキ香水は、長時間良い匂いが持続することからさまざまな香りとブレンドして楽しむこともできます。
針葉樹に分類される木ですが、針葉樹の香りは男性的なイメージが強めなどから、女性が選ぶ場合は少し甘めの香りとブレンドすることをおすすめします。
また、ウッド系のサイプレス、オレンジ・ベルガモットなどのシトラス系、ラベンダーなどのハーブ系はヒノキ香水との相性も抜群です。
インテリアや衣類など生活の中に癒し効果を期待できるものを取り入れたいときも、相性が良い香りとブレンドすると使いやすくなるなどおすすめです。

ヒノキ香水と相性が良い香りには何がある?

ヒノキの香りには高いリラックス効果があることが分かっているので、毎日仕事が忙しくて休まる日がない多忙な生活を送っていたり、日々ストレスにさらされるような状況で生活していることが多い人ほど積極的に取り入れて欲しい香りになります。
しかし、少し香りが強めで独特のニオイをしているため、ヒノキ香水を使用したいのに好みにあまり適していないと思っている方も結構いるのではないでしょうか。
そんな方でも無理なく快適にヒノキ香水を楽しむためには、相性の良い他の香りとブレンドして使ってみることをおすすめします。
ヒノキ香水と相性が抜群なタイプに関しては、オレンジやベルガモットなどの清涼感があるシトラス系、そしてラベンダーやハーブなどもかなり合うと言われています。
スパイス系にすると大人っぽいムスクのうようなニオイを楽しむことができますし、植物系であれば最高の癒しを感じられるくらい落ち着いた魅力的な香りに仕上げていけるので、好みを見つけて賢く取り入れていくのが良いでしょう。

ヒノキ香水を使ったルームスプレーの作り方

ヒノキ香水の原料になる檜は、木材として最高の建材ともいわれている、法隆寺に使用されている檜建材は1300年以上前の世界最古ともいわれています。建築物の建材や仏像の素材でも古くから使用されているわけですが、ヒノキの名称は脂分が多くて擦り合わせると簡単に火がつくことから、火の木(ヒノキ)と呼ぶようになったといった説もあるようです。ヒノキ香水は防菌防カビ効果もあるので、ルームスプレーを作っておけば簡単にカビなどの予防ができるようになります。また、お風呂にヒノキ香水を使えばヒノキ風呂に入っているような感覚になるなど、よりリラックスすることが可能です。なお、ルームスプレーの作り方は、ヒノキ香水(精油)を10~20滴、無水エタノール10ml、精製水90mlを使って行います。スプレー容器に無水エタノール・精油・精製水の順番で入れて混ぜれば完成です。使用するときは、精油が良く混ざるようスプレーを振ってから使うことや直射日光を避けて保管して10日程度で使い切ることが大切です。

お風呂にヒノキ香水を使えばヒノキ風呂気分を楽しめます

ヒノキは伝統的な日本の木材なので、自然な優しい香りが心身を癒す効果があります。ヒノキ香水はウッディーな香りの中に、スパイシーな要素もあり、とても爽やかな香りなので男性にも人気が高いです。外出をする時にヒノキ香水を見だしなみとして、付けている人が多いですが、他にも楽しみ方を知っておきたい人が多いのではないでしょうか。お風呂のお湯に適量のヒノキ香水を入れることで、ウッディーな香りが広がるため、森林浴をしているような気分になれます。自宅のお風呂で森林浴の気分を満喫できるため、心身を癒す効果があり、仕事や家事、育児で疲れ気味の人にもお勧めです。インターネット通販の専門店、アロマ専門店などでヒノキ香水を購入できます。お湯に香水を適量入れるだけで、いつもの入浴タイムをより充実させることが可能です。直接香水をつけるよりも、入浴後はほんのりとヒノキの香りがするので寝つきを良くすることができます。ストレスを軽減したり、イライラや緊張をほぐす効果があります。

ヒノキ香水を選ぶときは本物の精油を使用

ヒノキ香水を選ぶとき、本物の精油を使用することは、美しさと持続性を保証する重要な要素です。古来から日本の文化に深く根ざした木材であり、その特有のかおりは多くの人々に愛されてきました。しかしそれを再現するためには、ヒノキ精油が不可欠です。ヒノキの樹木から慎重に抽出されたものであり、その過程は時間と手間をかけたものです。木材から抽出されるこの精油は、木の芯からやさしく抽出され、その過程で香り成分が豊富に含まれます。このため、本物のヒノキ精油は、ヒノキの特有の香りを最も忠実に再現することができるのです。一方で合成香料や人工の香り成分を使用した香水は完全に再現することが難しいばかりか、不安定で持続性が低いことがあります。長時間にわたって持続し肌に馴染むことができるため、香水としての価値が高いのです。さらに心地よいリラックス効果ももたらします。ストレスを軽減し、心を落ち着かせる助けとなります。そのためヒノキ香水は日常生活でのリフレッシュや癒しの一部として楽しむことができます。

劣化したものは使用を控える!ヒノキ香水の消費期限はどのくらい?

ヒノキ香水は、香りを楽しむためのアイテムといったイメージが強いのではないでしょうか。ヒノキ香水は檜から抽出した精油で、リラックス作用だけでなく防虫抗菌作用にも優れた効果を発揮してくれます。ただ、これらの効果は人工的に作れたものでは十分な効果を発揮することができませんので、必ず本物を使用することが大切です。ちなみに、値段が安いものは人工的に作れたものの可能性があるので、価格相場を知ることが大切です。木部位から抽出されたものは1,500円から2,000円、葉の部分から抽出されたものは2,000円から3,000円が相場といわれているので、参考にされると良いでしょう。ヒノキ香水は直射日光を避けることや高温度になるような場所を避けて保管することで長期間使用できます。一般的に、精油の開封後の消費期限は1年が目安とされていますので、なるべく早めに使い切るようにしましょう。開封して数年間放置していると劣化して、香りも悪くなりますしリラックス作用や防菌防カビなどの効果も期待できなくなります。

香りが良くてもヒノキ香水は適度な使用にとどめることも大切

柑橘系の精油は、使用して直ぐに紫外線を浴びると皮膚にシミや炎症などが起こることがあるため、使用後すぐに太陽の光に当たらないなどの工夫が大切です。その点、ヒノキ香水はウッディ系の精油で、柑橘系の精油のような光毒性はないといわれています。ただ、限度を超えた使い方をしていると何らかの症状が起こることもありますので、香りが良いからと大量に使わないこと適度な量でとどめるようにしましょう。未開封なら2年程度持ちますが、開封すると1年くらいで使い切らないと劣化してしまうなどから、もったいないからと大量に使うのはよくありません。乾燥しがちな冬場は加湿器を使うことが多いけれども、加湿器にヒノキ香水を入れることで室内はヒノキの香りでリラックス空間になる魅力があります。このような家電品に精油を直接入れるとカビや雑菌の繁殖などの原因にもなるため、アロマディフューザーを使うことをおすすめします。アロマディフューザーには、電気を使う超音音波式やネブライザータイプ、電源が不要なアロマストーンやリードディフューザーなどのいろいろな種類があります。

ヒノキ香水 通販に関する情報サイト
ヒノキ香水ラボ

このサイトでは、美容効果も期待ができる香水にスポットを当ててよくある疑問を解決できるコンテンツを作りました。
ここで紹介する香水は、良い香りがするヒノキから抽出した精油でありヒノキ香水です。
癒し効果があることをご存知の人は多いかと思われますが、いろいろな効果効能があることか人気を集めています。
心への作用や抗菌・防虫作用などが期待ができるわけですが、このような特緒に加えて使い方などの疑問も解決できます。

Search